離乳食アレルギー

離乳食アレルギーとは

「食べるまで昼休みはなし!」なんて一昔前までは小学校でも好き嫌いのない子供に育つよう、「残さず食べる」教育が徹底的に行われていました。けれど食物アレルギーは年々深刻化されている現在、学校でも家庭でも子供に与える食事内容には細心の注意が払われるようになり、アレルギー対策が積極的に行われるようになっています。

離乳食アレルギーも食物アレルギーの1つで、与えた離乳食の食材が原因で赤ちゃんに不快なアレルギー症状が引き起こされてしまいます。しかも離乳食アレルギーが発症するのはゼロ歳児の赤ちゃんで、非常に敏感かつ言葉では辛い症状を説明できない厄介な時期です。

味覚形成の為にあれもこれも与えるのも大切ですが、今の時代だと離乳賞アレルギーを引き起こしていないかどうか確かめる為に、まずは1種類ずつ新しく与える食材を増やしていった方が無難です。

アレルギー物質や離乳食以外にもお部屋のダニやカビ、空中を漂う花粉など色々ありますが、赤ちゃんにとってアレルギー物質となるアレルゲンが体内に侵入すると、それが本来身体に有害なものでなくても体内の異物を排除する免疫システムが過敏に反応し、湿疹や下痢、嘔吐など辛い症状を引き起こします。

環境の変化、食生活の変化も近年の赤ちゃんの間で離乳食アレルギーが急増している原因として指摘されていますが、お母さんがアレルギー体質ではなくても突然発症する可能性はありますから、油断は禁物です。また、アレルギー反応が離乳食によるものかどうかすぐに判断できるよう、赤ちゃんを育てる空間は常に清潔に保ち他のアレルゲン要素も極力排除したいものです。