離乳食アレルギー

離乳食アレルギーの症状

もし離乳食アレルギー体質の赤ちゃんがアレルゲンとなる食べ物を口にしてしまうと、皮膚が赤く腫れたり湿疹、じんましんなどの症状が現れます。あるいは下痢、嘔吐も離乳食アレルギーの代表的な症状です。

厄介なことに、離乳食アレルギー反応を引き起こす赤ちゃんはダニや埃などのハウスダスト、花粉など食べ物以外のアレルゲンでも不快症状が起こるデリケートな体質の恐れがあります。つまり元々アトピー性皮膚炎の赤ちゃんだと離乳食アレルギー以外のアレルギー反応で、既に何らかの症状があらわれていることも珍しくありません。

ですから、離乳食を与える前にしっかり肌や体調を観察し、元々赤く腫れていても与えた離乳食によって更に赤味が増していないか、湿疹が酷くなっていないかどうかしっかり観察する必要があります。

同じ離乳食アレルギーでも反応レベルは個人差が激しく、ほんの少量のアレルゲンでも離乳食アレルギーの激しい赤ちゃんだと呼吸困難や意識不明といった生命を脅かすような深刻な症状を引き起こす恐れがあります。

呼吸ができなくなったり意識を失うような重篤な症状を伴うアレルギー反応はアナフィラキシーショックと呼ばれますが、アナフィラキシーショックを起こす可能性のある赤ちゃんの場合、万が一の事態に受け入れてくれる近所の病院を探しておくことも大切です。

また、医師に普段の食生活に関して指示して貰うなど専門家と二人三脚で育てることが大切で、くれぐれも自己判断は禁物です。うっかりうろ覚えで離乳食を与えてしまうとアレルゲンが混ざっている可能性もありますし、きちんと赤ちゃんが食べても大丈夫な食材をリストアップしておきましょう。