離乳食アレルギー

離乳食アレルギーのアレルゲン

離乳食アレルギーを引き起こす原因となる食べ物は、「アレルゲン」と呼ばれます。残念ながら全ての食べ物がアレルゲンとなる可能性がありますが、特にアレルギー発症率が高いのは「卵・牛乳・大豆」です。

この3品は3大アレルゲンと言われ、離乳食アレルギーはもちろん一般的な食物アレルギー体質の方の間でも最も発症率が高い食材です。その他小麦、魚介類もアレルゲンとなりやすい食材で、キウイやバナナ、リンゴといった果物など疑えばきりがありませんが、一般的に5大アレルゲンに指定されているのは「卵・牛乳・大豆・米・小麦」です。

厄介なことにアレルゲンは年齢や食生活次第で違うアレルゲンに反応するようになったり、症状のレベルが変化することも珍しくなく、常に油断は禁物です。しかもアレルゲンとなる食材は身体に良いものも多く、ヘルシーかどうかはあまり関係ありません。3大アレルゲン、5大アレルゲンも健康食の代表ですよね。

また、離乳食アレルギーも食物アレルギーも同じ食べ物で一定の症状が必ず出るとは限りません。体調次第でたった1回反応が出ることもありますし、同じ食べ物で症状が出る場合も激しく出る場合と症状が軽く済む場合があり、結構ムラがあることが多いようです。

いずれにしてもアナフィラキシーショックも心配ですし、ゼロ歳児の食生活では離乳食アレルギーを引き起こす疑いが少しでもある食材は厳密に排除した方が無難です。離乳食アレルギーの場合症状を引き起こさない為には、原因となるアレルゲンを除去するのが一番ですから。