離乳食の基本知識

母乳とのバランス

離乳食は母乳とのバランスも大切です。離乳食を始めたからと言って即母乳をストップするわけではありません。実際、離乳食をスタートしてからも、赤ちゃんがスムーズに食べてくれるとは限りません。むしろ離乳食を食べない赤ちゃんにお悩みのお母さんの方が多いぐらいです。

最初離乳食に積極的だった赤ちゃんも「離乳食の中だるみ」と言ういきなり離乳食を食べなくなる時期を迎えることはよくありますし。離乳食はお薬ではありませんから、もし赤ちゃんがどうしても食べてくれないようなら、無理強いして強いストレスを与えない為にも2~3日休憩して母乳、ミルクの食事に戻す対策も必要です。

それに順調に離乳食に慣れてくれたとしても、初期から後期前半までの時期は、離乳食とミルクで栄養のバランスをとる必要があります。離乳食をメインにしてミルクで足りない栄養を補うのがポイントですが、与える量を徐々に減らして自然に乳離れさせて行くことが大切です。

赤ちゃんは基本的にミルク大好き、お母さんのおっぱい大好きですから、お母さんの方で意識的、計画的に離乳(卒乳)させてあげないと、赤ちゃんもいつまで経っても求めてきてしまいます。同じ与えるにしても、ただ求められるがままに与えるのと、ゴールを見据えつつ回数や量を調整しながら与えるのでは、赤ちゃんの受け入れ態勢も全く違ってきますよね。

赤ちゃんが自分の意思で母乳やミルクから卒業する「離乳、卒乳」が理想的ですが、赤ちゃんが求めても母親が断固母乳やミルクを断つ「断乳」も、時に赤ちゃんにとっては必要な育児の1つです。赤ちゃんは理性的に食事量や内容を選べませんから、母乳とのバランスも決定権は母親にあることはお忘れなく。