失敗しない離乳食のポイント

味付け

離乳食の味付けは、薄味を厳守して下さい。離乳食初期は味付けゼロが基本ですし、もぐもぐ噛んで食べることを覚える離乳食にステップアップしても、味付けが濃くならないよう要注意です。実際に離乳食を作ったら味見をしてみて、もし味を感じるようなら濃過ぎる可能性があります。離乳食にふさわしい味付けは本当に薄く留めるのが理想です。

なぜ赤ちゃんの離乳食では薄味を徹底するかと言えば、離乳期の赤ちゃんの腎臓はまだ成長途中で大人のようにしっかりした味付けのご飯でも消化できるような状態ではないからです。ほんの少しの味付けでも、赤ちゃんの未熟な腎臓には大きな負担がかかります。赤ちゃんは濃い味付けでも食べてくれるかも知れませんが、ごっくんした後身体が受け付けなかったり消化に苦労してしまいます。

それに赤ちゃんの時から濃い味付けに慣れてしまうと、濃い味付けのご飯しか食べてくれなくなり、成長するに従ってどんどん調味料の量が多くなる悪循環に陥ります。大人だって意識して薄味に移行しようとすると、非常にストレスを感じますよね。赤ちゃんだって味付けが濃い方が美味しく食べてくれますが、将来の味覚形成にも悪影響を与えますし、生活習慣病の芽となりますから要注意です。

離乳期の赤ちゃんは大人の食事にも非常に興味を持ちますが、赤ちゃんに濃い味付けの大人のご飯を不用意に与えてしまうことがきっかけで、赤ちゃんが濃い味付けの美味しさを知ってしまうケースは珍しくありません。その時は喜んでも後々月齢にふさわしい適量の調味料で味付けした離乳食で満足してくれなくなります。お母さんも面倒になってつい味付けが濃い離乳食に調整してしまう悪循環に陥らないよう気をつけましょう。