離乳食のスケジュール

後期の離乳食

準備期、初期、中期をクリアしたら離乳食も後期を迎えます。後期の離乳食の課題は、離乳食を歯茎で噛み潰して食べることができるようになること。離乳食の硬さの目安はバナナ程度です。

大体後期の離乳食を開始するのは9カ月から11カ月前後になりますが、この時期の赤ちゃんは自我が芽生え始めていますから、大人しく与えられる一方だった今までとは事情が変わってきます。食事に集中せずにご飯タイムが度々中断したり、手づかみで食べてしまうことも珍しくありません。後期の「手づかみ食べ」は別に異常ではありませんから、むしろ赤ちゃんが手づかみで食べやすいパンケーキや柔らかいお野菜の野菜スティックなどの離乳食をあげましょう。

パンケーキもハンバーグ同様、最初はプレーンタイプを与えてみて、徐々にブロッコリーやキャベツなど色々な食材を混ぜ込んでみて下さい。混ぜ込む時もまずはすり潰した状態のものから初めて、徐々に荒くしていきましょう。

中期である程度与えても問題のない食材は分類されている筈ですが、後期も新しい食材を食べさせる時は1種類を少量ずつ与えた方が無難です。後期の離乳食は1日3回ペースで、母乳、ミルクは1日400ccを参考にしてみて下さい。

赤ちゃんの動きも活発になり、自分で手づかみ食べすると観察するのにも苦労しますが、後期の離乳食の課題である歯茎で噛み潰して食べているかどうかはお見逃しなく。また、そろそろ乳離れの時期が近付いてきますから、母乳とのバランスも考えながら後期を過ごすのがポイントです。ぐずった時にミルクだけで泣き止ませるのではなく、歌やおもちゃ、お散歩など複数対策で対処してみて下さい。