離乳食トラブル

離乳食を食べ過ぎる赤ちゃん

「離乳食に見向きもしない」、「離乳食を全部食べきってくれない」、「口に入れても飲み込んでくれない」、「食べる量が少ない」・・・などのお悩みは尽きず、赤ちゃんは離乳食をスムーズに食べてくれないものです。けれど中には、離乳食を食べ過ぎる赤ちゃんにお困りのお母さんも。

確かに食べなさ過ぎも心配ですが、食べ過ぎるのもカロリーオーバーによる肥満体型など不安に感じてしまいます。実際、最近は生活習慣病の低年齢化が進んでいますし、明らかに食べ過ぎ状態が続くのも困りものです。それに離乳食でお腹いっぱいになり、まだ母乳やミルクが必要な時期なのにお乳を飲まなくなるケースも多く、栄養バランスも気になります。

もちろん、赤ちゃんが離乳食をたくさん食べるのは離乳食に慣れてきた証拠ですし、離乳食を与える時期や味、形状が的確と言うことです。それでも心配になるぐらい大量に食べているようなら、先に母乳、ミルクを与えたりオカズの品数を増やすことで赤ちゃんが適量で満足できるよう対策を施してみましょう。それにたくさん食べる赤ちゃんは、丸飲みしている恐れがあります。

離乳食には噛む力を鍛えると言う目的もありますから、赤ちゃんがあまり噛んでいないようなら離乳食が柔らかすぎていないかどうかチェックし、離乳食スケジュールを再確認してその月齢に必要な硬さに調節してみて下さい。いずれにしても赤ちゃんの食欲は不安定なものですし、食べ過ぎたり食べなさ過ぎたりを繰り返して成長していくものです。あまり神経質になり過ぎないよう、リラックスすることも大切です。